始める前に

DIYをするならまずは工具選び

最近は手づくりが若者にも浸透しています。手芸や編み物も人気ですが、DIYで部屋づくりも、インテリア好きの人にはやってみたいことのひとつのようです。 DIYを成功させるには、なんといっても工具選びです。簡単な飾り棚といった、小さな軽いものをでしたら、接着剤や手動ドライバーでも作れますが、本棚やテレビ台などの重いものを作るには強度が必要で、そのために木製の板を使用する場合、丈夫な厚い板を選ぶことになります。 板のカットは、DIYショップなどの有料サービスで、サイズ通りのカットも頼めますが、その後の組み立てを自宅で行う場合、効率よく仕上げるには、やはり電動工具を使用することをおすすめします。 電動工具とは、ドリルやドライバーが電動で動くものです。電動工具はレンタルしている所もありますので、使用感を確かめるために、一度借りて使ってみると良いでしょう。

道具を使いこなし、趣味と実益を兼ねる

電動工具の良さを知って、DIYをずっと続けたいと思ったら、ぜひ電動工具の購入を検討して下さい。その際、どのような使い方をするかで、電動工具の種類を決めましょう。 連続して一気に製作することを考えたら、コンセントから直接電源を取れるものの方が使い勝手がよく、パワフルです。しかし一日のうち少しずつの時間でじっくり作るのであれば、充電式でも十分な働きが可能です。またその工具自体の重さも、さまざまですので、連続使用の際に、自分が持っていられるか、握りの部分が手にフィットするかといった判断も必要になります。ですので購入する前には、実際に触ってみることが大切です。実店舗ではレンタル使用の他、試用などを行っている場合もありますので、そういった機会を利用して検討すると良いでしょう。